全日本シニア軟式野球連盟(JSBA)
「シニアの甲子園」の概要

軟式野球は、学童大会から還暦や古希大会まで、多くの愛好家により楽しまれており、各地域内の大会から全国大会まで数多く開催され、生涯スポーツとしてふさわしい競技です。しかし、50歳代が主人公となれる全国規模の大会がありませんでした。

そこで、平成11年8月(1999年)に「岡山県シニア軟式野球連盟のメンバー」で、21世紀が始まる「2001年から全日本シニア軟式野球選手権大会をマスカットスタジアムで開催」するという夢を実現するため、「全日本シニア軟式野球連盟」を結成いたしました。

現連盟の目的は「軟式野球を通じ、シニア相互の親睦を図ると共に、生涯スポーツとしてシニア軟式野球の健全な発展と向上をめざし、明るく爽やかに健康を維持して軟式野球の高揚に寄与する」ことであります。
事業としては、岡山県倉敷市・マスカットスタジアムをメイン会場とした「全国大会の開催」をはじめ、各種の「ブロック大会(西日本大会等)の開催」を行うことであります。
2000年より「西日本シニア軟式野球選手権大会」を開催し、2001年より「全日本シニア軟式野球選手権大会」をマスカットスタジアムをメイン会場に、軟式野球に携わる上部団体の(財)全日本軟式野球連盟、岡山県軟式野球連盟の関係者のご指導ご支援をはじめ、行政関係、各種報道関係機関、岡山県スポーツ鍼トレーナー協会、岡山県シニア軟式野球連盟、その他多くの皆様方のご支援により開催いたしております。

会長: 
土井 章弘(岡山旭東病院院長)

顧 問:橋本 岳(衆議院議員)
高橋 英士(岡山県議会議員)
中塚 周一(岡山県議会議員)

柳田 哲(岡山県議会議員)